フレッツ光ネクスト マンションコースへバージョンアップ

20160307-IMG_1830

上の写真はフレッツ光ネクスト マンションコース用に新しく設置された周辺機器(左の2台)。左から

  • VDSLモデム
  • 単体型ホームゲートウェイ
  • 無線LAN親機(本機はユーザーが設置)

フレッツ光プレミアム マンションコースからネクストにバージョンアップして数日経つが不具合はない。この間の経緯は以下の通り。

  1. 2016/02/20 電話機故障の件でNTT西日本に問い合わせをした際に、インターネット接続で料金の下がるコースがあることを教えられる
  2. 2016/02/26 NTT西日本から現在のプレミアムコースより安くなるネクストコースを勧める電話があり、ネクストへのバージョンアップを決める
  3. 2016/03/01 プロバイダのAsahiネットのサイトで、ネクストへのコース変更手続きをおこなう。手続き終了後、心配になって電話で手続きが完了しているか、また何時の時点でネクストになるのかを問い合わせる
  4. 2016/03/07 ネクストコースへの変更工事、技術者が一人来てくれて新しい周辺機器の設置と電話機の稼働テストを行ってくれる
  5. 変更工事終了後、ネット接続設定はユーザーが行う。「設定ガイド」に入っているフレッツ光ネクスト設定CD-ROMを使って簡単に設定できた
  6. これはホームゲートウェイにWindows PC(Windows 10)をLANケーブルでつないで行った
  7. プロバイダのAsahiネットには工事前に変更手続きを済ませているが、この設定変更後からネクストが運用される
  8. ホームゲートウェイとPCをつないでいたLANケーブルを取り外すが、すぐに無線LAN親機を通じてネットにつながった。作業は思っていたより簡単に終わった。
フレッツ光ネクスト設定ガイド
フレッツ光ネクスト設定ガイド
周辺機器の接続例図
周辺機器の接続図

これまで、Bフレッツとプレミアムへのコース変更を経験している。2度とも、はっきりした記憶はないが困難を伴う変更だったことは苦い思い出として残っている。だから、今回のネクストへのコース変更も電話機の故障というきっかけがなければずるずると先送りになっていたと思う。今回は意外なほどすんなりとコース変更が完了した。でも、前に苦い思い出があるのでかなり時間をかけて手続きについて過去の体験を調べた。それが良かったに違いない。

Bフレッツの設定マニュアル(2005年)

はじめてのフレッツ設定マニュアル

2005年4月にBフレッツサービスに加入している。これからが光ファイバーでのインターネット接続となるわけだが、それまでの変遷がうろ覚えで、資料も残っていないので確かなことが分からない。とにかく変化が激しくて、インターネットの接続設定には常に十分に理解できないままに必死だったということは覚えている。Bフレッツの前は「ISDN」とか「ケーブルテレビ」でインターネット接続をおこなっていたはずだ。
今回資料を整理していて「はじめてのフレッツ設定マニュアル」というのが出てきた。この時は Mac OS X で接続設定を行っていたはず。このマニュアルを眺めたら、TCP/IP とか PPPoE など懐かしい用語がある。ただし、今ではほとんど意味不明だ。マニュアルから接続図を載せておく。当時は無線LANはまだで、VDSLからルーターにつないで複数台のMacとプリンターにLANケーブルで接続していた。
Bフレッツの接続例

フレッツ光プレミアム マンションコースの機器接続

20160307-IMG_1827

フレッツ光ネクストの工事(2016/03/07)直前に「フレッツ光プレミアム マンションコース」の機器接続状態の写真を撮った。左から、

  • VDSL(宅内端末装置)
  • CTU(加入者網終端装置)
  • VoIPアダプタ(ひかり電話利用の場合に必要)
  • 無線LAN親機(BUFFALO Air Station WZR-HP-G302H)〈ユーザー側で設置する機器、CTUとつながっている〉

工事の際は、左の3台の機器を取り外して返却。新たに2台が設置された。「フレッツ光プレミアム マンションコース」は2009年8月から使用している。約7年弱。下図は設定マニュアルの接続例。

img005

フレッツ光ネクストへのバージョンアップを電話で尋ねる

先日、電話機の故障でNTTに尋ねたのをきっかけにネクストへのバージョンアップへ気分がたかまってきた。その時、機器の故障担当のスタッフさんから料金が安くなるコースを勧められていたが、今日は営業担当者から電話がかかってきた。いろいろ話しを聞いて、フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへのバージョンアップを決めた。スピードは現在と変わらないが、料金が安くなることがバージョンアップへの大きな理由だ。さらに、うちの場合はファクシミリの番号のために複数チャンネル契約をしていたが、ファクシミリを使用していない。そのリース機器をゼロックスに返却して1年ぐらい経つが、その間ずっと複数チャンネル使用料を払い続けていた。これもなんとかしたかった。

変更しなければならないのは分かっているが、過去の経験でバージョンアップにはいろいろ面倒な手続きがあるのを知っていた。それらの諸々のことを復習した上で、NTTに相談しようとしていた。しかし、その復習ができないままずるずると月日がたっていた。今回は電話機の故障がいい機会になった。

電話での相談で分かったことは以下の通り

  • フレッツ光ネクスト隼は入居している集合住宅に回線が来ていないので選択できない
  • ネクスト(ネクスト隼ではない)のスピードはプレミアムと変わらない
  • 料金が安くなる
  • 接続機器が現在の3台から2台になる
  • プロバイダにはバージョンアップをユーザー自身で開通予定の1週間前ぐらいに通知すること
  • 開通に必要な書類はすぐに郵送する
  • インターネット接続設定CD-ROMはMac版とWindows版の両方が入っている(追記:実際にはWindows版のみだった)
  • 電話機の接続は訪問した技術者が確認する
  • ネットへの接続設定はユーザー自身で行う(インターネット接続設定CD-ROMで行う)
  • 接続設定などを電話でサポートする「リモートサポート(月額500円)」があるということだったが、受けないことにした。

料金はどれくらい下がるのか?

  • フレッツ光プレミアム マンションタイプ使用料(ずっと割引適用):3,390円
  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ使用量(もっともっと割引適用):2,680円
  • 複数チャンネル使用量:400円
  • 追加番号使用量:100円
  • 変更後の料金:3,390-2,680+(400+100)=1,210円
  • プロバイダの料金は別途必要

さらには、ナンバーディスプイやキャッチホンなどのサービスがセットになった「ひかり電話A(エース)は今まで通りの契約にした。今後は使用状況を見ながら個別のオプションに変えることでさらに下げることができるでしょうとアドバイスを受けた。

ただ、「もっともっと割引」は途中解約の場合は違約金が必要となるので契約期間に注意を払いつつ利用しなければならない。違約金のない「もっと割引」だと使用量は2,940円。

以上のことが電話での打合せで分かった。ただ、メモの走り書きを見てこれを書いているので、細部にぼくの間違いがあるかもしれない。金額などは実際に使用してから使用料金の内訳を見ればはっきりしたことが分かるはず。

NTTの “VDSL型「N」B100 宅内モデムの故障で電話も Wi-Fi もつながらない

VDSL

ちょうど先週の木曜日、NTT西日本の “VDSL型「N」B100 宅内モデムの故障で 卓上電話も Wi-Fi もつながらなくなった。真夜中のことで、かなり不安な状態だったが、iPhone の電話と 3G はつながるのでメールチェックができるので少し安心だった。翌朝にはこれでサポートに電話した。

故障前は、YouTube を見ながら Adobe Acrobat でPDFを作り、テキストの検索をできるようにする作業をしていた。そしたらメモリーがどんどん少なくなるので、YouTube を終了させた。なんか終わり方がいつもと違っておかしかった。どうやらこの時にモデムが壊れたんだと思う。少ししてネットにつながらくなったから。

普段は上記モデムの上の3つのランプが点灯しているが、全部消えていた。以前にもネットがつながらなくて、関連装置3台の電源コネクタを一旦はずして、入れ直した。リブートと言うんかな。そのときはそれで復旧した。しかし、電話がつながらなかったらどうしようかと不安だったけど、問題なくつながったときはホッとした。

今度もそれと同じことをすれば直ると思ったが、直らなかった。マニュアルを見ると、POWER ランプが点灯しないときは、コンセントに電気がきているか確認する指示がある。確実に電気がきていることが分かっている壁のコンセントで試したが、点灯しない。あとはカスタマサポートに電話するしかない。

翌朝は早起きをして、サポート電話の受付の9時に電話。やはり、電気が来ているコンセントの確認を聞かれたので、マニュアルを見てそれを実行した旨を伝えたらサービスマンが訪問するという。わりと早く来てくれて助かった。持ってきた新しいモデムに変えると、問題なくネットが回復した。電話を回復。回復の確認はサービスマンがやってくれた。このモデムの交換は無料。

img001

NTT西日本のフレッツ光プレミアムマンションコースにしたときに設置された機器は3台だ。ややこしくて余り理解していない。整理してみると、宅内端末装置(VDSL)、加入者網終端装置(CTU)、VolPアダプタと3台が並んでいる。今回故障したのは、宅内端末装置。図では加入者網終端装置からパソコンにつながっているが、家ではバッファロー 無線LAN親機 “WZR-HP-G302H”だ。パソコンやプリンターはこれをルーターとして使い有線ラン、Wi-Fi はiPhoneとiPadで利用している。

 

フレッツ光の宅内モデムが故障した

昨日の真夜中、フレッツ光の宅内モデムという装置が壊れた。ネットがつながらなくて、3つある装置の宅内モデムの電源が切れているのが分かった。マニュアルに書いてあることをやったけどダメだった。ネットだけでなく卓上電話もつながらない。あせるわ。
今日は早起きをして9時にNTTに電話したら、昼頃にモデムの交換に来てくれて復旧した。これまでもネットが突然切れることは何度かあったけど、装置の一つの電源コンセントを一旦はずして再度つなぐこと(リブートというんかな)で簡単に復帰してたけど、今回は電源が入らないままであせった。
数日前はスキャナーの故障でエプソンに電話した。サポートに電話するといろいろ質問されるので疲れる。フレッツ光の装置は3台もあってほんとややこしい。でも質問は少なく、すんなり復旧して助かった。

宅内モデルが故障する直前は、橋下市長の記者会見のYouTubeを見ていた。長いので他の作業をしながらだったので空きメモリがどんどん少なくなり、ヤバいと思ってYouTubeを終了したんだけど、変な終わり方だった。その時、モデムが壊れてたんだな。ぼくは市長のガレキ広域処理方針にムチャ反対してる。それと故障は関係ないはずだけど、もやもや感が残る(笑)。

バッファロー 無線LAN親機 “WZR-HP-G302H” を購入

 

昨日(22日)BUFFALO 無線LAN親機 “WZR-HP-G302H” を購入した。前日にネット上で下調べをして機種を決めていた。ビッグカメラの通販で5,760円(10ポイント付き)だったが、店舗でも同じだった。本機購入の目的は家庭内の無線LANだが、最大の課題はiPad 2の無線LAN接続。

2011年4月にiPhone4を買った際に「Wi-Fiルーター無料提供」を希望した。そのWi-Fiルータは “FON” と言う。iPhone4に問題なく使えていたが、翌5月に購入したiPod2では一応無線LANに接続できるというレベルだった。ネットを使う度に接続するネットワークを選択し、IDとパスワードを入力しなければならなかった。これではiPadでネットをやるという気力が起きなかった。FONについてもっと調べるなら、快適に使用できる知識を得られたかもしれないが、なんかiPhoneとつなぐときからややこしいことが多くて、徹底して調べる気持ちになれないでいた。

それよりも無線LAN機を買うつもりだった。しかし、それも一日延ばしで10ヶ月も経ってしまった。実際につなげてみると、FONよりスピードが早いみたいで快適。一度設定をしてしまえば、後は自動的に Wi-Fiが起動しているのを確認したときは本当にホッとした。

設定は、[設定]/[Wi-Fi]/[ネットワークを選択…]からSSIDを選択する。このSSIDは本体に貼られたシールにある。KEYと共にあらかじめメモをしておく方が入力しやすい。iPad2もiPhone4も同じ設定ですぐにつながった。

問題はMacだった。一台が何度やってもつながらない。もう一台はすんなりとつながった。しかたないので現在は有線で接続している。本機は有線LANとしても使用できる。有線だとすぐにつながり、プリンターも今まで通りに接続できている。これらのことは同梱されている紙の説明書で行った。これは大きな紙で図が多くて文字も大きくて分かりやすい。詳しいマニュアルは同梱のCDに入っているので、これを読んだいろいろな機能を使っていくつもりだ。

《関連サイト》
□エアステーション エヌフィニティ ハイパワー 11n/gモデル : WZR-HP-G302Hシリーズ | BUFFALO バッファロー
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/nfinity-highpower/wzr-hp-g302h/
バッファロー社のサイトの本機の商品説明ページ
□価格.com – バッファロー AirStation NFINITI HighPower Giga WZR-HP-G302H レビュー・評価
http://review.kakaku.com/review/K0000170188/
価格.comのサイトの本機のページ。使用者の感想が非常に多くて、これからの設定で参考になると思う。

Wi-Fiルーター fon が届いている

 

8日にiPhone4を買った際に「Wi-Fiルーター無料提供」を希望したが一週間で届いた。Macを無線LANルーターにすることができるが、それは思ったより使いにくかった。Wi-Fiルーターを使うのが楽しみ。

しかし、何かと忙しくていまだに設定できない。今日は iPad 2 が発売になった。Wi-Fiタイプを買うつもりなので、はやいところ設定するつもり。

ひかり電話A(エース)を契約

去年の8月にネット接続を「Bフレッツ・マンションコース」から「フレッツ光プレミアムマンションコース」にバージョンアップした。プレミアムコースになると、電話回線が「光IP電話」になって、基本料金や電話使用料が安くなるということで契約した。

安くなるのは知っていたけど、機器を変更するとなるといろいろと面倒なことも生じるので躊躇していたが、電話勧誘での説明を聞いて踏み切った。ま、予想通り面倒なことが起きたが、月々に支払う電話代は安くなった。電話料金そのものが安いので、遠くの親戚友人に電話をかける機会が増えた。

それから数ヶ月して、またまた電話勧誘で「ひかり電話A(エース)」を進められた。エースにはナンバー・ディスプレイのサービスが標準でついている。他にもいろいろなサービスがあるうえに最大3時間の通話料金も含まれているので、今までとほとんど変わらない料金でエースと契約できる。

工事はNTT内部だけで、お客様は何もしなくても切り替えができるというので、古い電話機をナンバー・ディスプレイのできる新しいものに買え変えて、切り替えが終わるのを待っていた。

切り替え予定日がすぎてもナンバー・ディスプレイ機能が使えない。勧誘した所へ問い合わせたら、別の担当部署で聞いてほしいと、数カ所の担当者の間をまわされる。大きな組織だから、しかたがないのかな。最後には、一回線で電話とファックスと番号を2つ使っているので、ナンバー・ディスプレイが使えないらしいという説明を受けた。

これはすでに先方のデータで分かっていることなんだけどナー。電話で説明を受けながらアダプターの設定を変更することになった。簡単といえば簡単、面倒といえば面倒と言える作業だったが、ナンバー・ディスプレイが使えるようになって快適(になると思う)。

《関連サイト》
NTT西日本 | フレッツ公式 | ひかり電話(光IP電話サービス)