“写真”アプリのファイル”写真 Library.photoslibrary”を整理

ぼくは1998年からの写真データを保管している。今は iPhone で撮るだけだが以前は複数のデジカメや携帯電話で撮ったものをMacに取り込んでアプリの iPhoto で管理していた。しかし、この管理に一貫性がなくて iPhoto のライブラリがいくつもあった。今回これを写真アプリのライブラリとして1本化することにした。写真の「書き出し」、そして「読み込み」を行うことで1本化ができた。

なお、古い iPhoto のライブラリはそのままでは整理できない。「iPhoto ライブラリアップグレーダ」で下準備が必要。このブログの記事「iPhoto 7 以前のライブラリを開く」を参照。

写真アプリの「書き出し」

書き出したい写真アプリのライブラリを立ち上げて、書き出したい写真を選択して、[ファイル]/[書き出す]を実行する。上図の例では3点の写真を選択している(写真がブルーの枠で囲まれている)が、実際は全ての写真を選択して書き出すことになる。写真の点数が多いとそれなりに時間がかかる。

写真アプリの取り込み

書き出した写真を取り込むのは、これから管理したいライブラリを立ち上げて、[ファイル]メニューから[読み込む…]を実行する。

iPhoto 7 以前のライブラリを開く

iphoto-1

iPhoto 7 以前の古いライブラリを開こうとアイコンをダブルクリックしたら、上記のアラート画面が出た。開くことができないらしい。[詳しい情報]をクリックしたら、下のウインドウになった。[ダウンロード]をクリックして “iPhoto Library Upgrader.app” をダウンロードする。

iphoto-2

ダウンロードしてインストールをする。「ユーティリティ」フォルダの中に “iPhoto Library Upgrader.app” がインストールされている。

iphoto-3

“iPhoto Library Upgrader.app” を起動し、下記の画面で[ライブラリを選択…]をクリックして、iPhoto のライブラリを選択して開く。ライブラリはデフォルトでは「ピクチャ」フォルダの中にある。

iphoto-4

《Apple サポートの関連ページ》

TechTool Pro 7 を使っているが・・・

Monosnap-2016-02-02-23-54-39

Mac の故障を診断・修復するユーティリティ TechTool Pro 7 を使っているが、1月28日にMac OS X 10.11.3 にアップデートしてから初めて立ち上げたら、上記のアラートが出たので使用をやめた。一応、「アップデートを確認」を実行したら、下のアラートで使用中の TechTool Pro 7 の最新バージョンは「7.0.7」とのことで、 Mac OS X 10.11.3 へは対応待ちということになる。

新しい TechTool Pro 8 がリリースされていることは知っているけど、アップグレードするかどうか迷っていて今の所していない。アップグレードダウンロード版は 4,800円(外税)。OS と密接に関係しているソフトなので、アップグレードした方がいいかも、と思い始めている。

《TechTool Pro 8 関連ページ》

《2016/02/10 追記》

act2

定番ソフトウェア 25% OFF キャンペーン

キャンペーン期間中 Techtool Pro8 アップグレード版: 5,184円→3,888円(税込)

 

スクリーンショットを編集するアプリ “Monosnap”

Monosnap-2

スクリーンショットを編集する無料のアプリ “Monosnap” を Mac App Store からインストールした。手軽に編集できるということに期待した。テキストや矢印、ラインなど手軽に編集できるのは確かだが、デザインが今ひとつだなー。でも、スクリーンショットの取りやすさ、縮小をするなどは感動的に便利!

monosnap

OmniOutliner が El Capitan に対応

El Capitanに全オムニ対応完了

オムニ製品の販売元から上記のように、「El Capitanに全オムニ対応完了。」のメールが届いた。ぼくはオムニ製品の中で、下図のように OmniOutliner 4 (4.3.2) を使っているので気になってサイトへ行ってみた。

omuni-01

現在の 4.3.2 でもEl Capitanで使えているけど、対応版の新しいのにアップデートできればいいと思って OmuniOutliner の紹介ページ(http://store.act2.com/omni-ol-4-std-dl-n.html)を読んでいたら、

NEW!2015/11/10 【Ver.4.4】OS X 10.11 El Capitan に対応しました!

と、一行だけ書かれているのを見つけた。でも、アップデートとか全く説明がないので、それに関してはよく分からない。どうせ、 4.3.2 が使えているので、そのうちにあるだろうアップデートの案内を待つことにした。

Jedit X Version 2.48

jedit248

El Capitan でテキストエディタ Jedit X Version 2.44 を使ったら、頻繁に修了してしまうので、Version 2.48 にアップグレードしたら、正常に動いている。

2.44版は、2014年11月11日リリースと古い。2.48版は2015年11月5日のリリース。
なお、Jedit X サイトの改訂履歴ページを見ると、2015年9月10日リリースの 2.45版でEl Capitanに対応したようだ。そこには次のように書かれている。

Mac OS X 10.11(El Capitan) で利用したとき書類保存でクラッシュするという不具合を解消した。

El Capitan に対応した Default Folder X 5 パプリックベータ版が出ている

defaultFolder

長年使っているユーティリティの “Default Folder” が El Capitan に対応していないので使えない。El Capitan に対応した “Default Folder X 5” を10月末にリリースするとアナウンスがされいた。で、そのサイトに行ってみたら、パブリックベータ版がリリースされていた。ぼくは正式版を待ってインストールするつもり。でも、ぼくの場合はアップグレード料金が必要になるらしい。

《このブログの “Default Folder” 関連記事》
「El Capitan で Default Folder X 使っていない」

《Default Folder のページ》
「Default Folder X and El Capitan」

El Capitan の「写真」ソフトに過去の写真を読み込む

01

El Capitanの「写真」ソフトは閲覧がとてもキビキビしていて気持ちいい。で、過去の古い写真を読み込んで、閲覧は「写真」ソフトで管理しようと思った。しかし、日付がありえない年月日になっていたり、大量の写真の全部が読み込んだ日の日付になっていたりで、訳の分からないことになってしまった。それに、以前使っていた iPhoto には小さなサムネイルが自動的に作られていて、それも読み込まれる。そんな重複した写真を確認しながら削除していたが、膨大な時間がかかりそうでやめた。

iPhotoのファイルは、ピクチャフォルダ内に「iPhoto Library」として保存されている。そのファルダ内には年月日ごとにフォルダが作られているので、日にちのフォルダを読み込めば、日付のメタデータもきちんと読み込まれて「写真」ソフトでも日付ごとに表示された。

iPhoto の次は Adobe Bridge で管理をしていた。閲覧用の写真表示の任意の写真をダブルクリックすると自動的に Photoshop が立ち上がり、修正作業が行えた。これが便利で Adobe Bridge を使っていたが、数ヶ月前に Adobe Lightroom で写真管理をすることに変えた。Bridge の写真を Lightroom に読み込み、この時点で Bridge の写真ファイルを削除した。だから、この写真ファイルを Lightroom から書き出して、それを「写真」ソフトに読み込んだ。この時メタデータが入ってないことに気づいた。大量の全ファイルが読み込んだ同じ日付になっていた。Lightroom で日付のメタデータを書き出せないかと設定を見て試してみたが、ダメだった。

OSの Time Machine を使って、削除した写真ファイルを復元して、それを「写真」ソフトに読み込んだらOKだった。写真は撮った日付がなければただの閲覧だけでも物足りない。絶対に日付にこだわる。これで安心して写真ファイルを読み込める。大量なので時間はそれなりにかかるけど、この機会に全部の写真を一括管理できるいいチャンスだと思う。ただし、Lightroom も利用し続けるので新しい写真は、「写真」ソフトと両方に読み込むことになる。やはり、Photoshop との連携が必要な時があるので Lightroom は外せない。

02

iPhoto で保管されている古い写真には、明らかに日付がおかしいものがある。その場合は、フォルダから日付を判断して、上手の赤枠部分で変更できる。このダイアログボックスはアップルメニューの[イメージ]のプルダウンメニューから[日時を調整…]選択で表示される。

El Capitan で Default Folder X 使っていない

df111

Macを立ち上げると Default Folder X に関する上記のアラートボックスが表示される。El Capitanにアップグレードしてからこのアラートが表示されるので、をクリックして Default Folder X を終わらせている。つまり、Default Folder X を使っていない。やっぱり不便なのでをクリックして、使える状態にする方法を調べた。

df222

上記の「Default Folder X and El Capitan」ページが開くが、ここには El Capitan に対応した Default Folder X5 のリリースを待つ(10月末予定)。もう一つは Default Folder X を使えるようにする短期的な回避策の説明がある。でもこれはユーティリティのターミナルを使うような作業。簡単そうだが、もし間違った場合を考えたら面倒なことになると思って、回避策を実行するのはやめた。おとなしく Default Folder X5 のリリースを待つことにした。

df333

そもそも Default Folder X は、開く/保存ダイアログを強化する定番ユーティリティーで、長い間使用している。これに慣れてしまうと、ファイルを開いたり、保存したりがとても便利になる。上記は保存フォルダを指定するための設定画面。非常に便利だけど、ユーティリティとしてはちょっと高い。現在は4,629円。

TechTool Pro 7 は Mac OS X 10.11.1 で動作検証中

techTool

TechTool Pro 7(バージョン 7.0.7)を立ち上げたら、「TechTool Pro 7(バージョン 7.0.7)は Mac OS X 10.11.1 で動作検証がまだされていません」とアラート表示が出た。さらに、「TechTool Pro 7」メニューから「アップデートを確認」を実行してアプリケーションを最新版にアップデートするようにとの指示が出たので、実行したら、下記のウインドウが表示された。Mac OS X 10.11.1 に対応して最新版はまだリリースされていないようだ。それまでは使うのを控えるのが良さそう。

tt2

TechTool Pro 8 がリリースされているので、Pro 7 を使い続けるのはどうかなーと思っていたが、ちゃんと最新の OS X に対応していくようで安心した。