macOS Sierra アップデート v10.12.2

os10122

《Apple のアップデートの説明ページ》macOS Sierra 10.12.2 アップデートについて

macOS Sierra 10.12.1 から 10.12.2 にアップデートしたが、その工程の途中でユーザーアカウントのパスワード(ログインパスワード)の変更を求められた。これまでは、Apple ID と同じだった。同一のパスワードは使えないらしい。スクリーンショットを撮らないままに作業を進めたので詳しいことは、もう分からない。気になってネット検索で調べたが該当するような記事を見つけることができなかった。ただ、Apple ID と ログインパスワードについて詳しく説明しているブログ記事があった。これを読むと、両方のパスワードは異なる方がいいと分かった。

ブログの “Apple In” で、その中の記事「Macのログインパスワードを忘れた!って時」を読むとログインインパスワードを忘れて自分の Mac にログインできなくなった時の対処法が丁寧に説明されている。その場合、パスワードは異なっている方がいいと分かる。

apple-id

なお、Apple ID の管理は “Apple ID を管理” ページから、ログインパスワードの管理は自分の Mac の[アップルメニュー / システム環境… / ユーザーとグループ]で変更できる。

apple-urser

macOS Sierra にアップグレード

sierra

iMac (21.5-inch, Late 2012) を OS X El Capitan 10.11 から 9月21日リリースの macOS Sierra 10.12 にアップグレードした。前回の El Capitan にアップグレードしたときは、この iMac では10分程で済んだが、Mac mini (Mid 2010) でものすごく時間が掛かったのが頭にこびりついていてアップグレード前のメンテナンスを慎重に行った。

メンテナンスは “TechTool Pro 8” と “OnyX” で行った。このメンテナンスにはかなり時間がかかったけど、アップグレード自体はすんなりとすんだ。晩飯を作りながら、台所とMacを行き来していたので、正確には分からないが1時間かかってないと思う。

Mac用OSの表記がこれまでの「OS X」から「macOS」に変わっている。13度目のメジャーアップデートで、新機能の目玉は音声アシスタント “Siri” とのこと。ぼくはこれを iPhone でもまだ使ったことがない。

《Sierra 参考書》

  • Mac Fan 2016.11
    「macOS Sierra 引っ越しマニュアル」
  • Mac Fan 2016.12
    「macOS Sierra かんたん強化術」
  • Mac Fan Special
    「完全理解 Sierra」

《amazon のページ》

Mac Fan 2016年11月号

Mac Fan 2016年11月号

posted with amazlet at 16.12.14
マイナビ出版 (2016-09-29)
Mac Fan 2016年12月号

Mac Fan 2016年12月号

posted with amazlet at 16.12.14
マイナビ出版 (2016-10-28)
完全理解!Mac OS Sierra (マイナビムック)
Mac Fan編集部
マイナビ出版 (2016-10-18)
売り上げランキング: 31,416

クラウドサービスのストレージ容量

最近、Dropbox をよく使うので Freeの容量はどのくらいだったか気になって調べた。ついでに他の使用中のものも調べた。Evernoteを除いたサービスはどんなものか試行中。Evernoteだけはプレミアム会員になって、ぼくの使用状況では容量を気にしないで使える状態だ。容量を気にしないで使えるのはすごく快適。なので iCloud もせめて50GBのストレージ料金を払おうかと研究中。

Dropbox

  • Dropbox Basic : Free 容量2GB
  • Dropbox Pro : 1,200円/月+税 容量1TB
  • Dropbox Business : 1,500円(1ユーザー)+税

Evernote

  • ベーシック : Free
  • プラス : 2,000円/年
  • プレミアム : 4,000円/年
  • 詳細はプランページ

iCloud

  • 5GB : 無料
  • 50GB : 月額 130円(税込)
  • 200GB : 月額 400円(税込)
  • 1TB : 月額 1,300円(税込)

OneDrive

  • OneDriveの容量プラン : 無料 容量5GB
  • OneDriveの容量プラン : 170円/月 容量50GB
  • OneDrive + Office 365プラン : 1,274円/月 容量1ユーザーにつき 1TB
  • 詳細はプランページ

Adobe Creative Cloud

DreamweaverでレスポンシブWebデザイン

dreamweaber

ホームページがデスクトップマシンでも、スマートフォンでも見やすいように表示されるサイト作りが必須になってきた。それをレスポンシブWebデザインっていうんだが、そのプログラミングを勉強している。これまでは、サイトのファイルを一旦、サーバーにアップして、そのURLで他のデバイスから見ていた。

上記の写真は iMac の Dreamweaver で作業をしているが、下部にあるアイコンをクリックして表示されるURLで他のデバイスでも作業中のサイトがリアルタイムで確認することができる。ここでは、Windows PC、iPad、iPhone で表示されている。2カラムのレイアウトが iPhone では1カラムになっているのが分かる。

Dreamweaver をもう15年ぐらい使っている。Dreamweaver の進化をつねに追いかけてきたが、CC (Creative Cloud) になってからの進化がほんとうにすごい。この機能はいつから搭載されたんだろう、今日になって知って驚いたんだ。月々に支払っている CC の使用料は高いけど、単にソフトウェアを使うだけでなく Cloud を利用したサービスも含めたら納得できる。スキルとしては高度なことは到底追いつけないが、Web の進化を眺めるだけでも面白い。

OS X El Capitan v10.11.4 にアップデート

os

OS X El Capitan v10.11.4が2016/03/22リリースされた。v10.11.3 から v10.11.4 にアップデートした。iMac (21.5 inch, Late 2012) は問題なく10分程度で完了したが、Mac mini (Mid 2010) の方はずいぶんと時間がかかった。1ヶ月前にYosemiteからEl Capitan 10.11.3 にアップグレードしたときは8時間ぐらいかかっていたのを思い出した。今回は、3時間か4時間ですんだが、どうなることかと心配になった。

《関連記事》

iMac (Early 2006) の使用をやめる

20160225-IMG_1526

2006年3月購入の iMac (Early 2006) の使用をやめる。インテル製CPUを搭載した初めてのモデルだった。発売当初は従来の G5 搭載モデルも並行して販売をしていた。どちらを購入するか迷いに迷いながらもインテルCPU搭載モデルに決めた。アプリケーションが使えるかなど情報が不足していた時期で不安があったけど、結局は最新モデルが欲しかった。結局はインテル搭載モデルだから長期間使うことができたと思う。

Mac 21.5-inch (Late 2012) を2013年5月に購入してからは、Early 2006 はほとんど使用していなかった。それにしても、メインマシンとして7年間も長期間使っていたことになる。
20160225-IMG_1527

最後の OS は上図のとおり、バージョン 10.6.8(Snow Leopard)。これ以降はインストールできないということで最後はずっと Snow Leopard を使っていた。

《Macの購入履歴》

  • 1987.12.25 Mac Plus / 8MHz
  • 1991.01.08 Mac SE30 / 16MHz
  • 1992.10.28 Mac IIci / 25MHz
  • 1994.03.31 Mac Quadra650 / 33MHz
  • 1994.08.01 Mac Powerbook 520
  • 1996.01.25 PowerMac 7500/100
  • 1999.02.23 PowerMac G3 DT233
  • 2002.11.28 iMac 800GHz 17″
  • 2004.04.20 iMac 1.25GHz 17″
  • 2005.10.15 Mac mini 1.42GHz G4
  • 2006.03.01 iMac (Early 2006) 2GHz Intel Core Duo, 20″
  • 2011.02.15 Mac mini 2.4GHz Intel Core 2 Duo, 4GB
  • 2013.05 iMac (Late 2012) 2.7 GHz Intel Core i5, 8GB, 21.5″

《iMac (Early 2006) – 技術仕様》

Mac mini を El Capitan にアップグレード

Mac mini (Mid 2010) OS X Yosemite 10.10.5 から El Capitan 10.11.3 にアップグレード。すごく時間がかかった。8時間ぐらいだったろうか、もうあきらめようかと迷いながら待っていた。だがなんとかアップグレードに成功してホッとした。体感スピードも早くなってほんとうによかった。

Mac mini (Mid 2010) スペック

  • 2.4GHz : 320GB
  • 2.4GHz Intel Core 2 Duo
  • 2GBメモリ(2GB増設で4GB)
  • 320GB ハードドライブ
  • 8倍速 2層式SuperDrive
  • NVIDIA GeForce 320M
  • Mac OS X Snow Leopard
  • 64,800円
  • 2011年2月購入

“写真”アプリのファイル”写真 Library.photoslibrary”を整理

ぼくは1998年からの写真データを保管している。今は iPhone で撮るだけだが以前は複数のデジカメや携帯電話で撮ったものをMacに取り込んでアプリの iPhoto で管理していた。しかし、この管理に一貫性がなくて iPhoto のライブラリがいくつもあった。今回これを写真アプリのライブラリとして1本化することにした。写真の「書き出し」、そして「読み込み」を行うことで1本化ができた。

なお、古い iPhoto のライブラリはそのままでは整理できない。「iPhoto ライブラリアップグレーダ」で下準備が必要。このブログの記事「iPhoto 7 以前のライブラリを開く」を参照。

写真アプリの「書き出し」

書き出したい写真アプリのライブラリを立ち上げて、書き出したい写真を選択して、[ファイル]/[書き出す]を実行する。上図の例では3点の写真を選択している(写真がブルーの枠で囲まれている)が、実際は全ての写真を選択して書き出すことになる。写真の点数が多いとそれなりに時間がかかる。

写真アプリの取り込み

書き出した写真を取り込むのは、これから管理したいライブラリを立ち上げて、[ファイル]メニューから[読み込む…]を実行する。

iPhoto 7 以前のライブラリを開く

iphoto-1

iPhoto 7 以前の古いライブラリを開こうとアイコンをダブルクリックしたら、上記のアラート画面が出た。開くことができないらしい。[詳しい情報]をクリックしたら、下のウインドウになった。[ダウンロード]をクリックして “iPhoto Library Upgrader.app” をダウンロードする。

iphoto-2

ダウンロードしてインストールをする。「ユーティリティ」フォルダの中に “iPhoto Library Upgrader.app” がインストールされている。

iphoto-3

“iPhoto Library Upgrader.app” を起動し、下記の画面で[ライブラリを選択…]をクリックして、iPhoto のライブラリを選択して開く。ライブラリはデフォルトでは「ピクチャ」フォルダの中にある。

iphoto-4

《Apple サポートの関連ページ》