iPhone でタッチIDによる指紋認証の指紋追加

20151102-IMG_9909-Edit今度の iPhone 6s にしてから、タッチIDに指紋認証を使っている。登録した指をホームボタンに当てるとパッとロック解除されるのは気持ちいい。ただし、指が濡れていたりすると認証されない時がある。それって案外多い。その時はパスコード入力画面が自動的に出てきて、パスコードでロック解除する。

iPhone 6s に変えたときの基本設定のときに、指紋認証をしただけだった。右手の親指の指紋を使ったが、料理中は濡れていると認証はまずできない。また、iPhone をどこかに置いている状態では親指は使えない。で、指紋の追加をおこなった。全部で5本の指まで設定できる。

10本の指全部を設定できる方法があるらしいが、今のところぼくはその必要性を感じない。5本指も試して必要ない設定は削除するつもりで、とりあえず4本を追加して合計5本にした。

なお、タッチIDによる指紋認証は、iPhone 5s からの機能らしい。ぼくが 6s の前に使っていたのは 5 だから指紋認証はできなかった。

20151102-IMG_9905-Edit

1
[設定]から[Touch IDとパスコード]を選択

20151102-IMG_9906-Edit

2
[パスコード入力画面]になるので、iPhoneの6桁のパスコードを入力。

20151102-IMG_9907-Edit

3
[指紋を追加…]を選択。

20151102-IMG_9909-Edit

4
この画面は指紋の登録が完了した画面。登録をするには、希望する指を何度かホームボタンに当てるを繰り返す必要がある。その進行具合は、この完了画面の指紋柄のラインがグレーから赤に変化していくので分かる。

20151102-IMG_9910-Edit-Edit

5
5本の指の指紋を登録した[Touch IDとパスコード]画面。それぞれに指の名前が表示されているが、これはぼくが入力したもの。

指紋を削除する場合は、ここで削除したい指紋を選択する。今は指紋1を選択したとすると、次画面が表示される。

20151102-IMG_9911-Edit

6
ここで任意の指紋の登録を削除できる。
この記事は以上です。

iPhone Safari の プライベートブラウズ

iPhone の Safari を使っていたら画面左下に[プライベート]の文字が表示されているのを見たが、今まで気が付かなかった。てっきり iOS 9 の新機能かと思い、ネットで調べると iOS 5 からの機能らしい。これは、履歴を残さずに iPhone でウェブサイトを閲覧できる機能。以下はその設定方法。

20151019-IMG_9505-Edit
1
画面右下のアイコンをタップ。

20151019-IMG_9506-Edit-Edit

2
左下の[プライベート]文字部分をタップ。

20151019-IMG_9511-Edit
3
右下の[完了]文字部分をタップして終了。
左下の[プライベート]の文字部分がこのように白バックで表示されているとプライベートブラウズ機能が「オン」になっている。

「オフ」にする場合は、「1」の画面から同じ操作をする。

iPhone 6s のカメラ、カラーや質感がいい

IMG_9203a IMG_9200a iPhone 6s で初めて撮った写真。カラーが自然で、質感がよく出ていることが今までとはずいぶんと違うので驚いた。いままで使っていた iPhone 5 だともっと派手な色だった。上の野菜の中の白いのは豆腐。下のパスタは全粒粉なので普通のものと色が違う。

フェイスブックと料理ブログに料理の写真をもう何年もアップしている。常に iPhone で撮影して、Photoshop で少し修正をしている。今回の2枚は角度を調整してトリミングして、ほんの少しシャープを効かせただけ。これまでは、もう少し手を加えていた。iPhone 6s のカメラはとても進化していると思う。

16GBの iPhone 6s をシンプルに使う

20150929-IMG_9207 iPhone 6s のストレージタイプを検討することなく、最低の16GBに決めたことを後悔したと書いた。いまさら変更できない。ずっとこれでいくしかない。気をとりなおして iPhone の中味を徹底的に整理した。今までは整理とか管理とかしたことがない。写真や曲をたくさん入れておく習慣がないので容量不足になることもなく、なんとなく行けていたんだろう。

まず、あまりたくさん入れてなかったが写真と動画、曲を徹底的に削除した。次に何となく増え続けるアプリを見直して、使わないモノや使用頻度の低いアプリを削除した。メールも着信しっぱなしだったのを削除した。ごらんの通りかなり減らすことができた。

この画面は[設定 / 一般 / ストレージとiCloudの使用状況 / ストレージを管理 ]で表示される画面。全アプリの使用容量が表示される。さらにアプリ名をタップすると、アプリ個別の画面に移って、そこから一発でアプリを削除できる。この機能を今回初めて知った。アプリを削除するのはとても簡単だ。しかし、お金を払ったアプリだからいつか使うかもしれないと置いておきたい人情が削除のじゃまをする。

データやアプリをばっさりと捨てると、とてもシンプルな iPhone に思えてくる。容量の大きな iPhone で大量のデータを持ち歩けるものも iPhone の良さだが、ほとんどデータを入れず、アプリも使うものだけというシンプルな iPhone もとても良く思える。決して低容量を買ってしまった負け惜しみじゃなくね(笑)。

大量の写真や動画を撮る必要があるときは、iPhone の外部ストレージを買えばいいし、そんなに後悔することもなかった。それに、Apple Music と Amazonプライムビデオの会員になってるから、大量の曲や映画を iPhone でいつでも聞いたり見たりできるってことも気持ちいい。

iPhone 6s が届く

20150926-IMG_9132-Edit事前予約をしていた iPhone 6s が26日の今日、指定通りの時間帯ぎりぎりで届いた。早速、オンライン切替の手続きを行い、バックアップのデータを取り込んで使えるようにした。2時間半ぐらいかかった。切替方法はウェブサイトにあり、その通りに進めたが、初めてのことで迷ったりですんなりとはいかなかった。詳しくは明日報告しようと思う。使用感は、これまでの iPhone 5 に比べてとてもいい。

Macのスクリーンショットを撮る

スクリーンショットを撮る
スクリーンショットを撮る

http://www.apple.com/jp/findouthow/mac/#capturescreen

画面全体のスクリーンショット
CommandキーとShiftキーを押したままで3キーを押す

範囲を自由に決めたスクリーンショット
CommandキーとShiftキーを押したままで4キーを押す

Dock、メニューバー全体や個々のメニュー、デスクトップや開いたウインドウ
Command + Shift + 4キーを押した後、すぐにスペースバーを押すと、十字カーソルが小さなカメラに変る

 

iPhone の「マップ」を初めて使う

iPhone マップ
マップを初めて使った

昨夜、大阪西区九条の「クジラウオ」というお店に初めて行った。前から行きたかったお店で「マップ」で調べたら、少し歩くけど無理な距離じゃない。散歩がてらに歩いて行くことにした。

そのお店は繁華街じゃなくて、ほとんど住宅街にある。実際に歩いて分かったけど、サイトに載っている地図をプリントするだけだったら無理だったかも。大通りから住宅街に入ってしまうと、道が入り組んで方向感覚が無くなってしまう。

iPhone の「マップ」を使っていると北も南も分かんなくて平気。一度も迷わずにお店の前に着いたけど、ちょっと感動した。でも、不便なこともある、眼鏡がね。町を見回すときは近眼の眼鏡が必要。iPhone の画面を見るときは眼鏡を外しての繰り返し。これにはちょっとまいった。

iPhone 4 でスクリーンショットを撮る

スクリーンショット
iPhoneの画面。壁紙は iPhone の用意されているもの。

iPhone で右記のようにスクリーンショットを撮る方法。

  1. [ホームボタン]を押しっぱなし
  2. その状態で[電源/スリープボタン]を押す

すると、画面全体が一瞬白くなって、画面が撮られる。撮られたデータは[写真]アプリの[カメラロール]に保存される。

上記はタイミングが合ったらの話で、たまに、画面が真っ黒になって最初の画面になってしまった(ロック解除をする画面)。

最初のうちはボタンの押し方が悪いのかどうか分からないが、何度も画面が真っ黒になった。めげずに試していたら、ショットを撮れる方が多くなったんで一安心。