My SoftBank のパスワード確認(変更)

(1) Wi-Fi をオフにすてから作業を行う

sb_5202

(2) [My SoftBank]をタップ

sb_5203

(3) 自動的にログインするのでログアウトをするために[メニュー]をタップ

sb_5204

(4) [メニュー]をタップして下方向へスクロールして一番下の[ログアウト]をタップ

sb_5205

(5) [パスワードを忘れた方]をタップ

sb_5206

(6) [携帯電話番号]と[暗証番号]を入力して、画面下方向へスクロールして[次へ]をタップ
[暗証番号]はソフトバンクと最初に契約した「申込内容確認書(新規/MNP転入)」書類に「暗証番号」として明記されている4桁の数字。その後の書類には記載されていない。

sb_5209

(7) [パスワードを送信する]をタップ

sb_5210

(8) [My SoftBank トップへ]をタップしてこれまでの作業は一旦終了
iPhone のSMSにパスワードが送られているので、確認できる。また、パスワードを変更する場合は、そのSMSに変更ページへのURLがあるので、それをタップする

sb_5211

(9) 新しいパスワードを2回入力して、パスワードを変更する場合は[変更する]をタップすると変更完了の画面が移るのでパスワード変更作業は完了。

一括設定を実行

iPhoneガイド001

機種変更の際にショップでもらった冊子「iPhone・iPad 初めてガイド」によると、「一括設定」は、機種変更した iPhone 7 のホーム画面で「Yahoo!」アイコンと「My SoftBank」アイコンをあるか確認をして、なければ「一括設定」を行うとなっている。

ikkatsu_4896

一括設定を行うには、

(1) iPhone の Wi-Fi をオフにする

(2) Safari で URL[sbwifi.jp]を表示させると[一括設定とWi-Fiアプリ設定]の画面が表示されるので[同意して設定開始]をタップ

ikkatsu_4897

(3)[SMS認証]画面で「認証用SMSを送信しました。」と表示されるので[メッセージ]アプリを見る

ikkatsu_4898

(4)[メッセージ]画面で[同意して設定]行の下のURLをタップ

ikkatsu_4900

(5)[インストール]をタップ

(6) パスコードの入力を要求されるので、それを入力

ikkatsu_4902

(7) 図の ① の[インストール]をタップ、ついで ② をタップ

ikkatsu_4904

(8) ①に名前を入力して ② の[次へ]をタップ

ikkatsu_4905

(9)[完了]をタップ

ikkatsu_4978

(10) たくさんのアプリがインストールされた

iPhone 7 に機種変更

 

iphone7_5061

iPhone 7 (128GB, ジェットブラック) に機種変更(2/3)した。2、3日使ってるけど、とても快適だ。2年しばりまであと9ヶ月残っているけど、16GBの容量では使い続けることができなくなって苦渋の決断をした。

6sの16GBは買った直後から後悔していた。iPhone 4 のときは32GBを選択した。でも、その時は使い方がまだ分かっていなくて、容量の大部分は使わないままに iPhone 5 に機種変更。もったいないことをしたと思っていたから当然、16GBにした。特に不自由を感じなく使っていたらから、6s は何も考えずに16GBを選択してしまった。

去年からはiPhoneを使うことがどんどん増えた。この数ヶ月はとにかく容量の少なさに泣き続けた。アプリが立ち上がらない度に、使用頻度の少ないアプリを削除。写真もこまめにデスクトップ機に移して、iPhoneからすぐに削除を繰り返していた。

ほんと、容量が大きいって気持ちもゆったりするw。捨てたアプリを元に戻したり、欲しかったアプリも入れられる。32GBだとまたすぐに後悔するだろうと、今回は何も考えずに128GBを選んだ。カラーは黒に決めていた。ブラックとジェットブラックは店頭で見てジェットブラックに決めた。iPhone 7 で向上した性能や新しいことを楽しむのは、まだこれから。今はひたすら容量アップがうれしい。

SoftBank 光、ソフトバンクでんきに申し込み

iPhone 7 への機種変更時に「SoftBank 光」と「ソフトバンクでんき」を申し込んだ。

下取りに出す iPhone 5 の初期化と IMEI 確認手順

下取りに出す iPhone 5 は初期化しなければならい。また、端末に同封する添え状には IMEI 番号を記入しなければならない。初期化とIMEI 番号の確認手順です。画面は iPhone 5、iOS 8 です。この作業に入る前に[iPhone を探す]をオフにするように指示されているが、ぼくはオフにしないで作業に入ってしまった。一手間増えるがオフにしないでも作業を進めることができた。当然のことだがこの作業は、この端末のデータをバックアップして、新しい iPhone にコピーした後に行うことになる。

20151006-2015-10-06 16.26.26-Edit
1
[設定]画面から[一般]を選択。

20151006-2015-10-06 16.26.45-Edit

2
[リセット]を選択。

20151006-2015-10-06 16.27.01-Edit

3
[すべてのコンテンツと設定を消去]を選択。

続きを読む 下取りに出す iPhone 5 の初期化と IMEI 確認手順

iPhone 5 を下取りとして郵送

20151004-IMG_9261-Edit20151006-2015-10-06 17.11.04

ソフトバンクオンラインショップで iPhone 6s の機種変更を申し込んだ際に、2年半使っていた iPhone 5 を下取りに出す手続きをした。昨日、やっと下取り機種を送られてきた回収キットを使って投函した。緩衝材に古い iPhone 5 を入れるとき、握り慣れたその感触が懐かしかった。新しい iPhone 6s の感触にはすぐに慣れたが、久しぶりに触れる iPhone 5 の感触はずいぶんと違った。未練が残った。手元に置いておけばいろいろと用途が考えられる。でも、少しでも支払い金額を安くしたいので下取りに出した。

20151005-2015-10-05 16.04.4920151005-2015-10-05 16.05.36

回収キットには下記のものが入っていた。

  • 端末回収の方法を説明した印刷物(添え状の書き方、初期化、IMEMの確認手順が分かりやすく説明されている)
  • 端末回収に関する添え状(下取り端末と一緒に封筒に入れる書類)
  • 回収端末と添え状を送る封筒(ポストに入れられる封筒、端末と添え状を入れる)
  • 緩衝材

iPhone 6s 到着後の設定手順を整理

  1. iPhone 6s 発売日(25日)早朝「出荷完了のご連絡」のメールが届いた。文面には「商品お受け取り後は、すみやかに電話機切替手続きを行っていただけますようお願いいたします。」とあり、プレッシャーがかかる。
  2. 9月26日夕刻指定の配達時間ぎりぎりに iPhone 6s が届く。21時30分(通常は20時30分までだが25日〜27日は特別)までに切替手続きを完了できなければ翌日になるので、急いで切替手続きの作業にかかる。
  3. WEBで切替なので、まず25日に届いた「出荷完了のご連絡」メールに記されたURLにアクセス。(下図)
    kirikae-1
  4. ボタン[次へ]をクリックすると、下図のアラート画面が出るので[OK]をクリック。
    kirikae-2
  5. ここで、My SoftBank へログインすることになった。
    kirikae-3
  6. My SoftBank へログインすると更新完了が通知された。
    kirikae-4
  7. ソフトバンクオンラインショップより「お手続き完了のご連絡」のメールがすぐに届いた。⑥の画面に書かれているように、メールを正常に受信したので新しい iPhone が使用可能になったわけ。
  8. 同梱されていた USIM Card をiPhone 本体に差し込む。非常に小さいので神経を使った。USIM Card の紙袋の中に簡単な説明がある。これまではショップのスタッフがやるのを見ていたが、自分では初めてのことで緊張した。
  9. iPhone 本体の電源をONにすると、アップルのサーバーと通信するのでアクティベーションを実行する。これは画面の指示にしたがって順番に行うことになる。
  10. アクティベーション終了後、すぐに iOS のアップデートが行われて、iOS 9.0.1 になった。出荷時は iOS 9.0 だったのだろうか、確認していないので分からない。
  11. これでやっと使い始めることができた。結構疲れた。

 

iPhone 6s のストレージタイプはもっと熟考すべきだった

20150926-IMG_913520150926-IMG_914020150926-IMG_914826日に届いた iPhone 6s は、ストレージが16GB、標準セット+USIMカード、カラーがスペースグレー。

注文のときに迷ったのがカラー。スペースグレー(操作面がブラック)とシルバー(操作面がホワイト)で迷った。最終的にホワイトは気恥ずかしなと思いスペースグレーに決めた。送られてきた実機を見て、随分と地味な印象だった。でも、操作面がブラックを選べばこれしかない。

16GBのストレージを選んだのは少し後悔しているかも。最初の iPhone 4 は32GBを選んだ。まだ iPhone を使いこなしていないせいだろうが、容量はほとんど使っていなかった。で、次の iPhone 5 のときは迷わず、16GBタイプにした。それで問題なく使っていたので、今回の iPhone 6s の事前予約の際は迷わずに 16GB タイプを選んだ。贅沢をできる身分ではないので、とにかく安くの思いが強かった。

しかし、iPhone 6s は iPhone 4 や 5 と比べて随分と進化している。ストレージタイプはもっと熟考して決めるべきだったかもしれない。今はちょっと後悔。

 

iPhone 6s が届く

20150926-IMG_9132-Edit事前予約をしていた iPhone 6s が26日の今日、指定通りの時間帯ぎりぎりで届いた。早速、オンライン切替の手続きを行い、バックアップのデータを取り込んで使えるようにした。2時間半ぐらいかかった。切替方法はウェブサイトにあり、その通りに進めたが、初めてのことで迷ったりですんなりとはいかなかった。詳しくは明日報告しようと思う。使用感は、これまでの iPhone 5 に比べてとてもいい。

今の iPhone 4 はフリーズ皆無で快適

iPhone 4 を購入したのは今年の4月。始めからよくフリーズする iPhone だった。フリーズは OS 9 以前の Mac で慣れているから、こんなものかなと思っていた。それに、OS 9 以前だって OS のマイナーバージョンで次第にフリーズの頻度は減っていたんで、iPhone だって同じで、そのうちに減るだろうと思っていた。

でも、半年経っても変わらず、iPhone に慣れて使用頻度が増えるほど、それに比例してフリーズ回数も増えていったので、これはおかしいと思い出した。一応、一日に一回は終了をするなんてこともしていたけど、変わらなかったのでアップルストア心斎橋の Genius Bar へ予約して持っていったら、メモリに問題ありとかで新品と交換してくれた。

あれから2ヶ月が経ったけど、全くフリーズしない。フリーズそのものを忘れるぐらいだ。でも、たまには思い出して終了させたりしてるけど、それも数えるほどだ。フリーズしなくて当たり前。最初からフリーズしなかった人には分からないでしょうが、こんとうに快適で嬉しい。

《このブログの関連記事》
購入時からフリーズの多かったiPhone4を新品と交換(2011/10/19)

iPhone 4 本体の交換で頻発していたフリーズが止まった

iPhone 4 だが、今年の4月に購入して以来たびたびフリーズに見舞われていた。そのうちに良くなるだろうなんて期待していたけど、頻度が増してきたので、アップルストアの Genius Bar で見てもらったのが約1週間前の19日。

こちらの症状を説明後、iPhone 4 を 先方のMacにつないで中をチェックしたみたい。それですぐに本体の交換となった。で、一週間経ったけど期待以上だね。これまで全くフリーズしない。フリーズしないってこんなに快適なんだ。当たり前がうれしい(笑)。

交換後、すぐに iOS 5 にアップグレードしているけど、今回のケースでは関係ないだろうな。とにかく、なければ不便だしぐらいの携帯電話感覚で使っていた iPhone 4 だったけど、今じゃコンピュータとしての認識で日増しに愛着が増している。

この修理の件でのアップルからのメール「最近ご利用いただいたアップル・ストアでの修理について」にも好意的な回答をした。

《このブログの関連記事》
今の iPhone 4 はフリーズ皆無で快適(2011/12/21)
購入時からフリーズの多かったiPhone4を新品と交換(2011/10/19)