amazonで購入したKindle版(電子本)のダウンロード

amazon-DL

amazonでKindle版(電子本)の注文が完了すると上記の画面になる。

:注文したKindle版が、iPadに配信され、iPad で Kindle アプリを起動したときにダンロードが開始されます。という文章が表示されている。実際その通りになって、ダウンロードは、特に意識すること無く簡単に完了した。

:iPhone でダウンロードだが、ここで[配信]ボタンを押さなかったが、iPhone の Kindle を起動すると、リストに載っていた。リストの購入したKindle版をタップすると、ダウンロードをするか、と尋ねられるのでOKで、ダウンロードされた。

電子本の amazon でのダウンロードは、honto に比べて簡単。

《iTunes の kindle アプリページ》

kindle-iconKindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー

“メモ” をアップグレード(iOS 9)

アップル標準アプリの “メモ” を iPhone、iPad、iMac でアップグレードした。以下は iPhone 6s でアップグレードした際の画面表示(iPhone 6s)。

1-2

❶[アップグレード]をタップ
❷[続ける]をタップ

3-4-2

❸[詳しい情報…]をタップ
❹ 詳しい情報を読む

5-6

❺ 詳しい情報を読む続きを読む
❻ 詳しい情報を読む続きを読む(このスクリーンショットでは一部の文章が❺とダブっている)。[完了]をタップ。

7-8

❼[今すぐアップグレード]をタップ
❽ アップグレードされて、❶の画面で表示されていた ICLOUD 右横の[アップグレード]が消えている。アップグレード完了。

これまで “メモ” をたいした使い方をしていない。買い物の際のメモに使う程度だ。しかし、今度のアップグレードではかなり進化しているようで、iPhone、iPad、iMac の連携を前提に色々と使いこなしたいと思う。今は、アップグレードして新機能を試しているところで、まだよく使い方が分からない。

ICONIT(アイコニット)を iPhone5 にインストール

iconit

 

iPhone でバーコードを読み取れる ICONIT をインストールした。
実は、iPhone でバーコードを読み取れるって知らなかった。あれはケイタイに限定された機能だと誤解してた。だから、ケイタイではバーコード読み取りを使っていたけど、iPhone にしてからは読み取ったことがなかった。

近所のスーパー BIG BEANS のチラシでスマートフォン用のサイトで情報を流していると案内があり、バーコードが載っていた。それで、iPhoneでも読み取れると知って、アプリの「App Store」で「バーコードリーダー」と検索した。何個か出てきたリーダーの中で、最初のをインストールした。

《オフィシャルサイト》
アイコニットトップ|バーコードリーダー/アイコニット -無料バーコードリーダー

Day One と Dropbox

Day One を Mac と iPhone で同期しながら使うには、Dropbox が必要だ。Dropbox は今年の始めに興味本位でインストールしてあったが、同期ができない。どうやら、Dropbox アカウント設定がまずかったらしい。

Mac と iPhone で別々のアカウントを設定している。これは同一のアカウントでなければならない。最初は知識がないままに適当に設定したのだと思う。ま、アカウントを変えればいいやと、やってみたけど変更ができない。

それではと、両方のDropboxを削除してしまい。あらたにアカウントを取得しようと企てたが、メールアドレスがすでに使用されているとしてはねられた。どうやら、二つのメールアドレスで試行錯誤したとみえる。しかたないので、あらたなメールアドレスを作って、完全に一からインストール、アカウント取得を行った。

試行錯誤やメールアドレスを作る作業も含めて大変な時間を要した。でも、One Day のテキストがサクサクと同期されるのを見ると、焦った試行錯誤の時間は忘れてしまった。

でも、一つ問題があった。 Dropbox を削除しても過去のデータは残っている。でもこのデータがあるうちは One Day の同期がぼくの知識ではできない。えいやーと、捨てた。半年分のデータだったけど、すっきりと出直しだ。捨てると新たなフォルダが作られてみたいで、サクサクと同期できた。

iPhone標準カレンダーで重複表示

カレンダーのスクリーンショットiPhone 標準の”カレンダー”のバックアップをしているうちに、気づいたら項目が重複表示されている(左図)。Macの”iCal”とも同期しているので、そっちの方も重複してしまっている。

Macとつなぎ、iTunes から使用中の iPhone を選択して[情報]の[iCal カレンダーを同期]の下を見ると「同じデータが重複して表示される可能性があります。」と注意書きがある。この現象が起きてしまったに違いない。

重複表示だと全く見にくいので直すよりしかたがない。まず、Macの”iCal”で重複している項目の一方を削除。これを全部の項目で実施。こうして修正したものを iPhone の”カレンダー”に同期。

確認のため、やはりMacとついで iTunes で使用中の iPhone を選択して[情報]を開く。このページの一番下の[詳細]の[カレンダー]にチェックを入れて同期を実行。これで iPhone の重複表示も解決です。

[詳細]の説明には「この iPhone 上の情報のうち上で選択した情報が、次回の同期のときに限ってこのコンピュータの情報に置き換えられます。」とある。つまり、ここをチェックした時に限って、 iPhone の”カレンダー”が Macの”iCal”と同じものに置き換えられるわけです。

さて、ここで問題は iCloud と同期中のため、再び重複表示に戻ってしまうのではないでしょうか。実は、この重複表示を修正したのは2週間ぐらい前のことで、iCloud との関係は今となってはすっかりと忘れてしまって、確かなことは思い出せません。その頃、iCloud のアカウントを変更したときにバックアップデータを削除したかもしれない。この時は iPad 2 も動員して実行していたず、何かあせっていろいろやっていたのは確かです。

 

 

iPhone アプリ “ふくいちビューワー”

iPhone アプリ “ふくいちビューワー” は、東電福島第一原発の1号機〜4号機の映像をリアルタイムで配信している「ふくいちライブカメラ」のビューワー。

昨日の深夜、ツイッター上で、赤色灯の点滅は異常事態? とか、4号機が異常に光ってる、なんてツイートがどっと出てきた。え〜、ついにきたのかと心配になって、パソコンの「ふくいちライブカメラ」にアクセスするが映像が表示されない。ますます心配になるが、iPhone アプリの「ふくいちビューワー」でも見られることがツイートで分かり、早速インストールした。

赤色灯はクレーン上部の航空障害灯だと今日になって分かった。4号機付近の光はわからないが、iPhone だとMacよりも気軽に見られるのでこれからは、時々見ようと思った。制作者に感謝です。

下図は「ふくいちビューワー」のスクリーンショット。

ふくいちビューワーのスクリーンショットふくいちビューワーのスクリーンショット

iPhone アプリ “TSUTAYAサーチ” をインストール

TSUTAYAサーチ アイコンTSUTAYAサーチをインストールした。

カテゴリ:エンターテイメント
更新:2011/10/13
バージョン: 2.1.3
条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換、iOS 3.0以降
無料

下図左が商品検索ページ。[レンタルDVD]を選択して「マイレージ・マイライフ」と入力した。[検索]をタップしたのが右図のページ。

TSUTAYAサーチのスクリーンショットTSUTAYAサーチのスクリーンショット

カテゴリーが「ヒューマン」と表示されている。これが分かるだけでも探すのに助かる。また、在庫状況も出てくるが、17時頃の検索で当日の13時30分頃の有無が出てきた。これ以降に借りられたら無いが、あてにはできるだろう。

なお「TSUTAYA EBISUBASHI」と表示されているが、このアプリの設定ページで利用するショップを5件まで登録することができる。ぼくは EBISUBASHI 1件だけを登録している。

また、作品情報ページは、見た人のレビュー、関連映像(YouTubeの予告編)、解説とキャスト/スタッフなどのページにリンクしている。ヒマなら借りて見るかどうかの判断材料になる。

iPhoneアプリ”Facebook”で路上から写真を投稿

先日、デモに参加したので iPhone で撮った写真をその場でアプリの “Facebook(バージョン4.0.2)を使って、Facebook に投稿してみた。「いま、御堂筋に入った」とかのコメントつき写真がニュースフィールドに一つづつ掲載されるんかなーと思っていた。でも実際は「携帯アップロード」に写真が順番に収納されていく。それなら、たくさん投稿してもニュースフィールドを占領することもないと分かって、どんどん投稿したけど意図とは違ってた。つまり、デモの現在位置はここですよってことを写真入りでアップしたかったけど、できなかったわけ。

以下に実際の経過を記録すると。

iPhone Facebook 画面iPhone Facebook 画面

上図左は Facebook のぼくのページ。上部にある[写真]をタップして、写真を撮り、コメントを書いて投稿している。すると、中程の写真が3枚並んだところに、撮った写真が追加される。最大3枚で古いのはここから消えるということが繰り返される。

写真をタップすると右図のように一枚一枚見ることができ、コメントも表示されている。もちろん、ドラッグして次々と写真を見ることができる。

さて、ここでいうところの「携帯アップロード」とはどういうものかというと、下図はMacの Facebook ウォールだけど、このように表示される。

MacのFacebook画面

上図は Facebook で「写真」を選択して表示される画面の一部。「Photo_2011.10」などは意図的に作ったアルバム。ここで問題にしている iPhone から投稿した写真は左上の「携帯アップロード」に収納されていく。

下図はそこを選択して表示される画面。これだと、デモの写真もジョギング関連の写真もゴチャゴチャに混ざってしまって、意図通りじゃないくてまずいと思う。今後の研究課題です。

MacのFacebook画面

“Nike+ GPS” をジョギングに利用中

毎年のことだけど、春先からジョギングを初めて、秋になる頃にはやめていた。膝や甲やかかとだったりとその年によって違うが痛くなって、走ることをやめてしまっていた。そして暖かくなって再開を繰り返していた。

これまでの経験から、今年はジョギング専用のシューズを買った。たかがジョギングにと思って、いつも使い古しのスニーカーですませていた。やっぱり専用シューズはいい。効果抜群で寒い季節になっても脚の痛みがない。

そのうえ、iPhone アプリの Nike+ GPS(170円)がジョギング持続の助けになっている。10月の中頃から使い始めて1ヶ月が過ぎた。走行距離、走行タイム、1km あたりのタイム、消費カロリーが記録される。さらには地図上に走行ルートも記録される。これらの過去のデータが集約されて蓄積されている。ほんとうにありがたい。

Niki+ GPS のトップ画面 Nike+ GPS の当日のサマリー画面

上図左が Nike+ GPS トップ画面。右が当日のサマリー画面。この日は、3.76km 走行。1kmあたりのタイムが 7分42秒、走行タイムは 29分2秒、消費カロリーが 209カロリーと記録されている。この画面下の[ルート情報]をタップしたのが下図。

Nike+ GPS のルート情報画面 Nike+ GPS のルート情報画面の[設定ペースで]

上図左は[ルート情報]の[Distance]画面。左下のグリーンの丸がスタート地点。赤丸の旗があるのが終了地点。四角に白抜き数字は、1km、2km、3km 地点を表している。この日のジョギングの右上部分は周回コースを2周しているので 2km、3km 地点がややこしくなっている。

右図は[設定ペースで]画面。赤色になるほペースが速いことを表している。最初はゆっくり目でスタートして、街中は信号待ちなどがあったりでペースが一定しない。公園に入った後半にペースが上がっているのが分かる。これは、ムチャ励みになるアプリだ。

iPhone アプリ “Facebook” をインストール

アプリ iPhone のアイコン
アプリ iPhone のアイコン

Facebook(バージョン:4.0.2、カテゴリー:ソーシャルネットワーキング、無料)をインストールした。これで、写真付きの記事を iPhone からアップできる。というのも、先日「iPhone から Twitter と Facebook 投稿の写真貼付」の記事を書いたときは、iPhone の Safari から Mac でするのと同じようにアップロードをしようとしてたんだ。そのとき写真がアップできなくて、何かアプリがあるはずだと思っていた。アプリの “Facebook” が希望通りだったけど、Safari で Facebook を見るなんてどんくさいことをしてたんだ。iPhone 活用もまだまだといったところだと自分でも思うわ。

Facebookのスクリーンショット
iPhoneからアップした記事のスクリーンショット

右は iPhone から Facebook へアップした記事のスクリーンショット。文章の下の地図はジョギングのルートを記録してくれるアプリ “Nike+ GPS” のスクリーンショット。今までだとこのショットを Mac に送り、Mac からアップしていた。手間が掛かるというのも何だけど、外で何かを伝えたいなんて時はお手上げだよね。アプリの “Facebook” をインストールしてちょっと安心。