amazonで購入したKindle版(電子本)のダウンロード

amazon-DL

amazonでKindle版(電子本)の注文が完了すると上記の画面になる。

:注文したKindle版が、iPadに配信され、iPad で Kindle アプリを起動したときにダンロードが開始されます。という文章が表示されている。実際その通りになって、ダウンロードは、特に意識すること無く簡単に完了した。

:iPhone でダウンロードだが、ここで[配信]ボタンを押さなかったが、iPhone の Kindle を起動すると、リストに載っていた。リストの購入したKindle版をタップすると、ダウンロードをするか、と尋ねられるのでOKで、ダウンロードされた。

電子本の amazon でのダウンロードは、honto に比べて簡単。

《iTunes の kindle アプリページ》

kindle-iconKindle:人気の小説やマンガ、雑誌が読める電子書籍リーダー

“メモ” をアップグレード(iOS 9)

アップル標準アプリの “メモ” を iPhone、iPad、iMac でアップグレードした。以下は iPhone 6s でアップグレードした際の画面表示(iPhone 6s)。

1-2

❶[アップグレード]をタップ
❷[続ける]をタップ

3-4-2

❸[詳しい情報…]をタップ
❹ 詳しい情報を読む

5-6

❺ 詳しい情報を読む続きを読む
❻ 詳しい情報を読む続きを読む(このスクリーンショットでは一部の文章が❺とダブっている)。[完了]をタップ。

7-8

❼[今すぐアップグレード]をタップ
❽ アップグレードされて、❶の画面で表示されていた ICLOUD 右横の[アップグレード]が消えている。アップグレード完了。

これまで “メモ” をたいした使い方をしていない。買い物の際のメモに使う程度だ。しかし、今度のアップグレードではかなり進化しているようで、iPhone、iPad、iMac の連携を前提に色々と使いこなしたいと思う。今は、アップグレードして新機能を試しているところで、まだよく使い方が分からない。

iPad に”i文庫HD”を買った

読みたい小説があったので、いい機会だと思い “i文庫HD” を買った。800円だった。とにかくレイアウト、活字が読みやすくて驚いた。非常に読みやすい。

これまでPDFファイルは “GoodReader” で読んでいたがこれからは “i文庫HD” と使い分けることになるのかな。 “GoodReader” はマーカーで印を付ける感覚でいろいろと書き込めたりする。しかし、縦書きの書籍は考慮されてなくて本を開く方向が横組に対応しているだけ。でも、慣れると別にそれほど不便と思わなくなった。

そうすると “i文庫HD” は青空文庫を読むためだけということになるか。でもその用途だけでも持っている価値はあると思う。読みやすいし、青空文庫の点数がすごく多いから。

“i文庫HD” は iPad 専用。iPhone用には “i文庫S”(350円)があるが、こちらを買う予定はいまのところない。
サイト”NagisaWorks.”(http://nagisaworks.com/)で詳しい情報が得られる。